故障の対応方法とは

特売品もおすすめ

結局、更に安い本体5万円(ただし在庫限り)という特売品がまだ在庫があるというので、それに決めました。
本体5万円に工事費3万円。

それ以外にも、今ある壊れた便器を廃棄する費用とか、トイレをせ設置する部材の費用とか(工事費とは業者さんの工賃なんですね)のもろもろが2万弱。
結局本体い以外で5万円もかかりました。

もし先に言われた13万円というのが本体だけだった場合、単純に5万円が追加されれば18万円かかるわけです。
それでも口頭で13万円と言われたら、普通はそれが全部と思っちゃいますよね…。

こちらは「全部で13万円」のつもりでお願いしたら請求書は「18万円だった」ら、そりゃびっくりしますよね。話が違うといってもお互い口頭だと証拠はないわけですから…。

トイレだけの予算で他のリフォームも

担当の人が会社に問い合わせてもらっている間に、どうせなら他も直したいということになり、キッチンの蛇口が壊れているのを取り換えてもらうことにしました。
あと、お風呂場のシャワー付き蛇口が固くなっているので取り換えることにしました。

キッチンの蛇口は今までなかったシャワー機能がついているものを、お風呂については現在のものと同機能があればいいということで、ここれも担当さんが持参していたカタログの中から選びました。

18万円以上かかると思っていたトイレのリフォームが10万前後で済むかもしれないということで、浮いたお金でそれだけ直せるののはとてもラッキーなことでした。
特売品だった数量限定のトイレもまだ在庫があるということで、そそれに決めました。totoのトイレで暖房機能がついているものです。
洗浄機能については義母は使わないということで、今回はそれに決めました。担当さんもこれはお得だと言っていました。