リフォーム専門業者とは

本体以外の値段を知ろう

まあ、住宅メーカーから派遣された人は、住宅メーカーが間に入っているからそれで信頼は出来るのでしょうが、業者への信頼と値段とはまた問題が違うわけですし、やっぱりこういうことは口頭だけで決めずにちゃんと見積りをとるなりして、内容を明らかにする必要があるなと思いました。

実際部品代についても、この記事を書くために当時の見積書を見返しているからわかったわけで、私の記憶の中では本体+工事費だけで細かい明細はすっかり忘れていました。

その後トイレが思っていた予算よりも安くしあがったため、ついでにキッチンとお風呂の水栓も替えることにしました。
明細をを見ると本体は2万円代と3万円代でしたが、2件の取り付け費として16000円が計上されていました。これも改めて確認しないと気が付かない項目でした。

見積りをとるという基本が大事

トイレ交換という小さな小さなリフォームでしたが、わが家では初めてリフォームと言えるリフォームでした。

このリフォームで学んだことは、とにかく必ず見積りはもらう。
そして、本体以外の細かいめ明細についてもちゃんとチェックして納得のいく説明をしてもらうことでした。

当たり前のことではありますが、私のように意外とおおざっぱに見積りを見て終わる人も多いと思います。
日常の買い物について、品物についている値札以外の金額を気にすることはあまりないと思います(消費税別の場合、消費税を気にすることはあるでしょうが)。

今回は5万円の商品に対して工賃が3万円でしたが、もっとお大きなリフォームになればその金額も当然大きくなることでしょう。
あとで驚かないためにも、最初の段階で見積りをしっかりとる。一つ一つの金額を確認する。基本すぎる基本をしっかり実行すべきではないでしょうか。